Iranian Dates

デーツは人類と同じくらい長い歴史を持つフルーツです。何千年も昔から中東における主要な食糧で、「生命の木」と呼ばれています。デーツの原産地は中東およびペルシャ湾周辺と考えられており、紀元前6000年頃には既に存在し、古代エジプト、古代メソポタミアでも栽培されていました。

 

 

デーツを栽培するには、地元の人々が言うように特別な気候が必要です:「足は水の中に、頭は灼熱の太陽の下に」

 

一本のヤシの木に、最大10キロ、約200粒のデーツの実が生ります。2月下旬になると、雄と雌の両方のヤシの木に花が咲きます。雄の木の花は甘く、イランの一部地域ではパンとして食べられています。雌の木の花は苦いのですが、デーツの実をつけるのは雌の花だけです。

 

 

デーツは元々乾燥した砂漠で育つものなので、当然のことながら水分含有量が非常に低いです。ほとんどの果物は水分が75%から95%ありますが、人工的に乾燥させていないデーツでも水分量は30%未満です。デーツは自然の状態で既にドライフルーツになっているという、とても珍しい果実です。イランでは約400種類のデーツが栽培されていますが、商業的に重要なものはごくわずかです。 栽培される地域の気候によってデーツのタイプが異なります。

 

2014年から2015年まで、イランで収穫した全種類のデーツ(ドライ、セミドライ、フレッシュ)は計100万トンを超えました。イランのデーツ生産量は世界の20%を占めており、世界第1位を誇ります。イランは18万ヘクタールの畑で、ドライデーツ20万トン、セミドライデーツ60万トン、フレッシュデーツ20万トンを生産しています。主な生産地は、ホルモズガーン州(21.6%)、ケルマーン21.1%)、フーゼスターン17.6%)、ブシェール13.4%)、ファールス12.3%)、シースターン・バルーチェスターン12.2%)です。世界のデーツの中でも、イラン産は特に味が良いと言われています。有名な種類はピアロム、サイヤー、マザファティ、ザヘディ、カブカブ、ロタブ、ラッビ、カルーテ、シャハビです。 

 

イランの主なデーツ生産地は、パリズデーツの所在地であるケルマン州です。ケルマン州は他の有名なデーツ生産地であるファルス、ホルモズガン、シスタン、バルチェスタン州の中心部に位置するため、あらゆる種類のデーツに簡単にアクセスすることができます

 

水分含有量によるイラン産デーツの分類:

ドライデーツ: 水分量15%以下 (ザへディデーツ等)

セミドライデーツ: 水分量15%〜18% (サイヤー、ラッビデーツ等)

フレッシュデーツ: 水分量が18%〜35% (マザファティデーツ等)


                     About Us

                     Our Products

                     Packing

                     Useful Info

                     FAQ 

                     Gallery

                     News & Events

                     Contact

                   Sobre Nosotros

                   Nuestros Productos

                   Embalaje

                   Información Útil 

                   FAQ

                   Galería de Fotos 

                   Noticias & Eventos

                   Contacto

                   パリズデーツについて

                   商品案内

                   パッキング

                   役立つ情報

                   よくある質問

                   フォトギャラリー

                   ニュース&イベント

                   お問い合わせ


Pariz Nam Gostaran Tejarat Pars Co.

Tel +98 34 422 93983    Mobile +98 916 271 1897    info@parizdates.com